派遣社員の「昇給・ボーナス・退職金」事情


正社員と違って派遣の給料は「時給」換算なので、アルバイトのように「昇給やボーナス・退職金」はないと思っている方が多いと思います。

ですが、実は3つともあるのです。

「え!?派遣なのに、昇給・ボーナス・退職金があるの!?」

と驚いた方も多いと思いますが、現在に事務派遣として働いてる私も、形式上は3つとも「ある」と言う形で契約を結んでいます。

以下では、派遣のお給料事情について詳しく触れていきます。

スポンサーリンク

派遣社員の「昇給・ボーナス・退職金」事情

派遣にも「昇給・ボーナス・退職金」がある

正社員と同じ仕事をしてるのに、「派遣社員だから」と言う理由だけで、給与など待遇に差があるのはおかしいとされ、同一労働同一賃金を求める声が数年前にあがりました。

その結果、派遣法が改正され、派遣社員が正社員と同じような業務をしてる場合、「正社員と同じ待遇を約束するべき」という形に制度が変わりました。

なので、派遣契約を交わす際の契約書には、「昇給・賞与・退職金」に関する記述がされています。

私の契約書にもそれらの項目があり、以下のように記述されています。

派遣期間中の「昇給 無」「賞与 無」「退職手当 無」
賞与相当額、退職手当相当額を就業規則の賃金に関する規定に基づき、賃金に含めて支給

要約すると、

「昇給なし!賞与もなし!もちろん退職金手当もなし!だって、全部時給に含めてるからね!」

とのこと。

派遣法が改正されたにもかかわらず、多くの派遣会社はこのような誤魔化し対策をしてるので、昇給も賞与も退職金も「ないに等しい」と言うのが現状です。

一体、時給はいくらの設定なのか

もし仮に、本当に「昇給・賞与・退職金」相当額を時給に含めているとしたら、正確な時給は一体いくらになるのでしょうか?

私は同一労働同一賃金が導入された2020年に、時給1300円の派遣先で働いていましたが、

この1300円に「昇給・賞与・退職金」相当額が時給に含まれているとしたら、ほとんど最低賃金で働いてるのに変わりないと言うことになります。

最低賃金を950円だと仮定すると、時給1300円と最低賃金950円では、8時間働くとしたら1日「2500円ほど」差が出ます。

1ヶ月で「5万円」、1年で「60万円」ほどの差になるので、ほぼ最低賃金で働いてるとなれば、時給に「昇給・賞与・退職金」相当額が含まれてると考えられます。

ずいぶんおかしな話ですが…。

  • 抜け穴を探して堂々と派遣法を無視する派遣会社
  • 全く機能していない派遣法
  • 派遣切りが怖くて、「派遣法が機能してない」ことに声を上げれない派遣社員たち

これが派遣の実態です。

こんなことがまかり通るなら、いくら派遣法を改正しても意味がありませんね…。

なかなか闇の深い問題ですが、「同一労働同一賃金」がちゃんと機能する日は一体いつになるのでしょうか(^_^;)



おわりに

以上、派遣社員の「昇給・ボーナス・退職金」事情を紹介してきました。

形式上は、

  • 昇給あり
  • ボーナスあり
  • 退職金あり

ですが、派遣法が機能していないため、蓋を開けてみると「ほぼ最低賃金で働いてるのと変わらないじゃん!」と言うのが現状です。

こんなことなら、もう最初から派遣法なんて作らなくてもいいよ…と思ってしまうのが正直なところです(^_^;)

\こちらの記事もよく読まれています/

ブログ村ランキングに参加中です。クリック応援頂けると更新の励みになります!

↓いつもクリック応援ありがとうございます😸

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメント